top01_20180213191031061.jpg top5.jpg top02.jpg top03.jpg

安全方針・安全目標・達成状況

【運輸安全マネジメント】

輸送の安全に関する基本方針

  1. 当社は撮影業界の交通インフラを担う企業として安全を第一に運行いたします。
  2. 当社は安全への投資を毎年度継続します。
  3. 当社は法令及び関連する規定を遵守し誠実に職務を遂行します。
  4. 当社は人員の輸送を担う責任として輸送の安全に関わる仕組みを継続的に改善します。
  5. 当社は乗務員のスキル向上の為の教育を継続的に行います。

令和3年度の目標と計画

A)令和3年度の安全目標

    • 1.重大事故ゼロの達成
    • 2.健康起因による事故ゼロの達成
    • 3.親切丁寧な対応、責任のある運転が出来る乗務員の教育

B)目的達成のための具体的計画

    • 1.健康診断を年2回行う
    • 2.高齢運転者に対する教育を行う
    • 3.運行管理者を増やす
    • 4.社内レクリエーションの場を設けコミュニケーションを積極的に図る

令和2年度の達成報告

A)令和2年度の安全目標

    • 1. 人身事故ゼロ
    • 2. 車両・物損事故ゼロ
    • 3. 無事故無違反

B)令和2年度の安全目標達成

    • 1. 人身事故ゼロの達成
    • 2. 車両・物損事故ゼロの達成
    • 3. 無事故無違反の達成

C)運行管理者(同補助者)の講習会 実務・法令に関する講習を実施(1回)
D)乗務員・各管理者に対する安全運転講習会 年間12回実施
E)その他の教育・訓練・安全対策等について

    • 1. 重大事故、テロ・バスジャック等を想定した情報伝達訓練を実施(令和2年12月9日、事務員含む12名)
    • 2. 定期健康診断の結果、再検査等の指導事例は無し

H)処分について

    • ・なし

安全管理体制

統括運行管理者 兼子仁志
安全統括管理者 増川泰士
運行管理者 本社営業所 正2名 (補助者1名)
整備管理者 本社営業所 正1名 (補助者2名)
事業自動車の運転者 11名


事業用自動車に関する情報

旅客車輛 平成30年式1台
平成29年式1台
平成26年式1台
平成19年式1台
平成16年式1台
平成15年式1台
平成11年式1台      計7台
貨物車輛 平成30年式1台
平成24年式1台
平成20年式1台
平成14年式1台
平成13年式1台      計5台
ドライブレコーダー 全車装着済み


令和2年度の事故統計について

人身、車両、物損、車内 すべて0件でした。


マネジメントシステム要員の責任と権限について

要員のすべてについて代表取締役がその職責に関わりなく権限を与え各々責任を持ってマネジメントシステムの維持・管理に努めております。


情報伝達・コミュニケーション

当社では、以下の方法により、安全な運行に必要な情報を入手、伝達しております。

    1. 乗務員の手に入れた情報は、日報やメール等に記載の上、報告する。
    2. 経営者が点呼を積極的に行うことで情報を収集している。

事故・ヒヤリハット情報の活用について

当社では、以下の方法により、事故やヒヤリハットの情報を活用しております。

    1. ドライブレコーダーの情報を統括運行管理者が収集し、月1回の教育で利用している。
    2. 専門機関の教材に含まれる映像教育を月1度利用している。

重大事故への対応(情報伝達)訓練について

日々の業務の中でも報連相を徹底しており緊急時の伝達も弊社マニュアルを確実に施行しております。


関係法令の遵守・最新情報の取得

当社では以下の方法により最新の法令等を入手しその遵守に努めております。

    1. 行政書士の指導により日々更新される法律に沿った運営経営を遂行する。
    2. 国土交通省のホームページを定期的に閲覧する。
    3. 専門機関による乗務員教育の素材を活用する。

マネジメントシステム要員に対する教育について

当社では社員全てに以下のタイミングでマネジメントシステムに関する教育を行っております。

    1. 毎年9月の定期監査ミーティング
    2. 毎年2月のマネジメントレビューミーティング

内部監査について

当社の運輸安全マネジメントについては、以下のタイミングで内部監査を実施します。

    1. 適合性監査 毎年7月
    2. 運用監査 同上
    3. 臨時監査 事故発生時など、適宜

 
【令和2年度監査報告】

    1.  点呼時の確認事項のマンネリ化しているので、何か工夫が必要ではないか。
    2.  連絡事項等の伝達が機能していない場合が見受けられる。

マネジメントレビュー(代表者による見直し)について

当社の運輸安全マネジメントについては、以下のタイミングでマネジメントレビューを実施します。
・毎年7月
【令和2年度マネジメントレビュー報告】

    1. 点検時の確認事項等が適切に行われているどうかの点検をすること。
    2. 日常的な連絡に使用する連絡網を見直すこと。
    3. 弊社指標である『心のこもった親切で責任のある運転』のできる乗務員の育成を目指したい。

乗務員及び管理者の教育について

2019年9月から2021年3月まで、毎月1回の乗務員教育をおこないました。
2020年9月・2021年3月に運行管理者、運行管理補助者の社内教育を行いました。
2021年2月に救命救急講習を行いました。


運輸安全マネジメントの実施報告について

令和3年度の運輸安全マネジメント実施報告は令和441日に公表いたします。


輸送の安全に関する内部監査の実施

  • 平成28年度上半期(平成28年4月1日~平成28年8月31日)目標達成・平成28年度下半期(平成28年9月1日~平成29年3月31日)目標達成
    平成29年度上半期(平成29年4月1日~平成29年8月31日)目標達成・平成29年度下半期(平成29年9月1日~平成30年3月31日)目標達成
    平成30年度上半期(平成30年4月1日~平成30年8月31日)目標達成・平成30年度下半期(平成30年9月1日~平成31年3月31日)目標達成
    平成31年度上半期(平成31年4月1日~平成31年8月31日)目標達成・平成31年度下半期(平成31年9月1日~令和元年3月31日)目標達成
    令和元年度上半期(令和元年4月1日~令和元年8月31日) 目標達成・令和元年度下半期(令和元年9月1日~令和2年3月31日) 目標達成
  • 令和2年度上半期 (令和2年4月1日~令和2年8月31日) 目標達成 ・令和2年度下半期(令和2年9月1日~令和3年3月31日)目標達成
  • ( 上半期に1回・下半期に1回 年に2回の内部監査の実施)

新型コロナウイルスに対する策として

  • 弊社は2020年2月1日より
    ①4日以上続く37.5度以上の発熱
    ②1週間以上続く風邪のような咳やくしゃみといった症状
    ③強い全身のだるさ、呼吸がしにくいと感じるほどの息苦しさ
    上記①~③を基本的な確認事項として日々の出庫点呼の中でアルコールチェックと共に
    『A、検温・B、マスク持参・C、除菌・消毒・D、うがい・手洗いの徹底』
    項目を付け加えドライバーの健康管理を行っております

 

令和3年5月
株式会社ハクリュウ
代表取締役社長 兼子 仁志